文字サイズ

巨人・原監督「3人で7点はフォローできない」炎上の高木、宮国、藤岡に苦言

6回、山田哲に満塁弾を浴び、ベンチで厳しい表情の(左から)元木コーチ、相川コーチ、原監督、宮本コーチ(撮影・中田匡峻)
2枚

 「ヤクルト9-6巨人」(27日、神宮球場)

 巨人はリリーフ陣が打ち込まれ、逆転負けを喫した。

 原監督が「リリーフがね。やっぱり3人投げさせて7点は何もフォローできないね」と渋い表情で振り返ったのは六回。岡本、パーラの本塁打で逆転した直後、2番手の高木から宮国、藤岡が1イニング7失点と大炎上した。

 高木がいきなり村上にソロ被弾で1点差に迫られ、さらに2安打でピンチを招いて降板。救援した宮国もいきなりストレートの四球で1死満塁とピンチを広げ、代打・青木の2点適時二塁打で逆転を許した。

 さらに4番手・藤岡もストレートの四球で1死満塁。山田哲には左翼席へ痛恨のグランドスラムを被弾した。

 リズムの悪い投球に指揮官は「本来の投球を3人ができなかったというところですね」と、苦言を呈した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス