文字サイズ

プロ野球は4月24日開幕目指す 練習試合は休止へ「最大限の努力をして」

 日本野球機構(NPB)は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて都内で臨時の12球団代表者会議を開き、4月24日の開幕を目指す方針を決めた。斉藤コミッショナーが「一致して4月24日の開幕を目指すことを決議した。専門家の条件を満たしていく」と語った。

 また、現在行われている練習試合の休止も決定。パは10日から、セは残り1カードを行った後、14日から再開する方向。

 この日午前、Jリーグとの合同で行われている「新型コロナウイルス対策連絡会議」で、専門家から「現段階では4月のできる限り遅い時期を目標に定めながら、その1カ月間で十分な準備期間にあててもらいたい。明確な日時は設定してないが、4月の後半にやっていただきたい」と提言を受けていた。

 これを受けて、セ・パ両リーグがそれぞれ協議。その後、12球団で意見を合わせて方針を固めた。斉藤コミッショナーは「何があっても4月24日に絶対という断定的な言い方は難しいが、この1カ月、最大限の努力をしてこぎ着けたい」とした。

 プロ野球は新型コロナウイルスの感染拡大でオープン戦を無観客で実施。当初の予定だった3月20日の開幕も断念した。前回12日に代表者会議では斉藤コミッショナーが日本シリーズを含めた全日程を消化する方向性で4月10日以降の開幕を目指すとし、「(全日程消化のリミットは)24日が最後。それを超えると相当無理な、オリンピックで空いているところを使わないといけない。ぎりぎり24日ですかね」と語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス