文字サイズ

帰塁時ベース踏み忘れ 巨人・由伸監督、重信を断罪「野球選手としての問題」

 9回、坂本勇の中飛で帰塁時に二塁ベースを踏み忘れてアウトになる一走・重信(左)
1枚拡大

 「巨人4-5中日」(6日、東京ドーム)

 代走で送り込んだ巨人・重信慎之介外野手(24)のまさかの走塁ミスで、サヨナラ機がふいとなった。突然の幕切れにざわめくスタンド。勝利に沸く中日ナインを尻目に審判団に確認し、ベンチ裏に引き揚げた高橋由伸監督(42)は「野球選手としての問題。しっかりしてもらわないと困る」と怒気をはらませ、断罪した。

 問題のシーンは1点を追う九回1死一、二塁で起きた。坂本勇の放った右中間への飛球を中堅・大島が好捕。抜けると判断し二塁をオーバーランした一走・重信は二塁を踏まずに一塁へ戻った。投手・岩瀬から二塁ベースに付いた堂上にボールが渡りアピールが成立。アウトの宣告がなされた。

 次打者は4番の阿部。スタンドのボルテージが最高潮に達したところでのゲームセット。重信は試合後、無言で球場を後にし、大西外野守備走塁コーチは「戦いは続くわけだから、糧としないといけない」と話した。痛恨の敗戦で、3カードぶりの負け越し。借金は「4」に逆戻りした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス