文字サイズ

阪神・大山が待望の1号ソロ「自分のスイングができた」交代マルテの代役4番でダメ押し弾

 9回、右越えへソロを放つ大山(撮影・立川洋一郎)
2枚

 「広島3-9阪神」(4日、マツダスタジアム)

 阪神の大山悠輔内野手が今季1号ソロを放った。

 5点リードの九回。先頭で打席を迎えると、カウント2-2から中崎が投じた5球目、外への直球を逆らわずに弾き返した。打球は失速することなく右翼席前方に着弾。ダメ押しとなる一発となった。

 この日は、「4番・三塁」で先発出場していたマルテが、何かしらのアクシデントで途中交代。三回の守備から三塁の守備に大山が入った。今季は代打での起用が続いていた若虎。与えられたチャンスで存在感を示す一撃となった。

 大山は「打ったのはストレート。しっかり自分のスイングをすることができました。点差は何点あっても良いですし、追加点を取ることができて良かったです」と振り返った。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス