文字サイズ

阪神・メッセンジャー抹消 19日巨人戦で打球直撃…右前腕の打撲と診断

 失点し、お手上げポーズを見せながらベンチに戻るメッセンジャー=4月19日
3枚

 阪神のランディ・メッセンジャー投手(37)が20日、1軍登録選手を抹消された。19日の試合で、右肘付近に打撃が直撃。その後、西宮市内の病院で検査を受け、球団は「右前腕の打撲」と診断されたことを発表した。

 19日の巨人戦(甲子園)だった。今季4度目の先発マウンドとなったが、4回0/3を投げ8安打6失点(自責4)で、今季最短降板。12日・中日戦(甲子園)の6失点に続き、2戦連続のKOで2敗目を喫した。二回、小林に先制3ランを浴びると、四回は北條の2失策で失点。五回には岡本に被弾後、亀井の打球が右肘付近に直撃。続くゲレーロに左前打を浴びたところで降板した。大事を取って試合中に球場を離れ、検査を受けていた。

 骨に異常はなし。それでも腫れがひどく、この日も試合前練習を外れた。甲子園の室内で別メニューを敢行。矢野監督も「思いとしては、最短で戻ってきてほしいというのはある。でも今日の時点では、まだ判断できない。10日で戻ってきてくれたら、1番うれしいし、ランディもそう思ってくれていると思う」とエースの早期復帰を願った。ゴールデン・ウィークの連戦前に、まさかの開幕投手の離脱。最短では30日の広島戦での登録が可能。メッセンジャーの軽傷を祈るばかりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス