文字サイズ

絶不調の阪神・藤浪 落合博満氏は「技術がないだけ」と一刀両断

5月30日に放送された『戦え!スポーツ内閣』(毎日放送)に、日本プロ野球界のレジェンド・落合博満氏がゲストで登場。不調を極める阪神・藤浪晋太郎投手について語った。

ここ近年、コントロールが定まらず、死球から試合を壊してしまう未来のエース・藤浪。精神的なことから通常通りプレーができない「イップス」になったとよく指摘されるが、落合氏は「みんな、メンタル(の問題)だって言うでしょ?俺に言わせりゃ『お前、技術がないんだろ』ってだけ。技術がある奴はメンタルには来ない。だったら、精神的なことを鍛えるんじゃなくて、野球の技術を会得しないといけない」と一刀両断。

そして、「昔のピッチャーは、たとえばアウトローに何球投げますよと言ったら、そこに投げられなかったら終わらない。ほかは投げない。順序立てて全部やって、それで開幕を迎えるわけ。今のピッチャーというのは、『(練習で)今日は100球投げます』と言ったら、球がどこに行こうが100球で終わるんだわ。だから技術の向上がないの。そのなかで身になる練習というのは、10%あるかないかじゃない?」とコメント。

それを聞いたMCのブラマヨ小杉は、「(中日の)キャンプに行ったとき、吉見一起投手はそれをやってましたね。(狙ったところに)入らないとやめない」と言うと、落合氏は「吉見がそれをやったというのは、おそらく川上憲伸(元中日のエース)の影響。それは過去のそこの投手陣の、代々受け継がれてきた伝統なんだ」と即答。隣にいた元阪神・下柳氏は「すいませんでした!」と苦笑いを浮かべるしかなかった。

(Lmaga.jp)

関連ニュース

デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    関西最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス