文字サイズ

甲子園騒然 不可解判定…巨人阿部の打球、塁審アウトのジェスチャーも判定覆る

 「阪神-巨人」(24日、甲子園球場)

 阪神がまたも不可解判定を受けた。

 0-0で迎えた七回、無死二塁の場面。5番・阿部が打ったライナー性の打球が一塁に飛んだ。一塁・ナバーロが捕球すると、塁審・橘高がアウトのコール。飛び出した二走・岡本を刺そうとした送球が反れた。この間に三塁に進まれたが、阿部は一塁に残ったまま。

 巨人・高橋監督がベンチを出ようとすると、審判団が集まって協議。数分後、責任審判の橘高一塁審が「ファーストライナーでアウトと判定しましたが、4審判で協議の結果、ショートバウンドのキャッチとし、ノーアウト、走者一、三塁で再開いたします」とアナウンス。これに阪神・金本監督がベンチを飛び出して抗議したが、覆らなかった。

 記録は阿部の出塁が一塁・ナバーロの野選。岡本の三塁進塁は一塁手の失策とされた。それでも、この最大ピンチで岩貞が長野を捕邪飛に仕留めると、ゲレーロを見逃し三振に、大城を空振り三振に斬って、無失点で脱した。

 阪神は7月4日のヤクルト戦(神宮)でも、ヤクルト・藤井の走塁に関する判定で、NPB側が後日、誤審を認める異例の事態が起きている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス