文字サイズ

阪神・岩貞、6回2失点で降板 「相手に流れを…」悔やまれる初回の乱調

4回、DeNA・嶺井に四球を与え、汗を拭う阪神・岩貞祐太=甲子園(撮影・北村雅宏)
1枚拡大

 「阪神-DeNA」(24日、甲子園球場)

 阪神の先発・岩貞は、6回5安打2失点。立ち上がりの乱調を悔やみ、降板した。

 初回1死から柴田に四球。続く筒香に右翼線へ二塁打を打たれると、ロペスの遊ゴロの間に先制を許した。さらに、宮崎の適時二塁打で追加点を献上。この回、2点を失った。

 「立ち上がりに失点してしまい、相手に流れを与えてしまいました。気持ちを切り替えて二回以降は粘りのピッチングができたと思いますが、チームを勢いづかせるような投球はできませんでした」

 7月2日・ヤクルト戦(甲子園)以来の5勝目を狙ったが、打線の援護にも恵まれず。六回に代打を送られ、マウンドを降りた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス