文字サイズ

“清原ジュニア”勝児君が巨人ジュニア内定 武器は父譲りの強打

 1回、内野安打を放つ清原勝児君
1枚拡大

 毎年12月下旬に開催されるNPB12球団ジュニアトーナメントで、今年の巨人ジュニアチームの最終メンバーに、モデルの亜希さん(48)の次男・清原勝児君(小学6年)が内定したことが17日、分かった。

 2014年9月に両親が離婚し、母と行動をともにしているが、父は巨人などで活躍した清原和博氏(50)。セールスポイントである父譲りの強打が評価されたようだ。

 NPBとプロ野球12球団が主催するジュニアトーナメントは、各球団が小学5、6年生を対象に実施する選考会を経て、チームを結成。巨人は7月31日にジャイアンツ球場で約90人が参加して1次セレクションを実施。2次、3次を経て、16人のメンバーに勝児君の名前も刻まれた。

 勝児君は、小さいころから東京都港区の学童チーム「オール麻布」でプレー。身長163センチ、体重60キロと同学年では頭一つ大きい。チームでは主に3番を打ち、エースで主将も務めている。

 この日は巨人が主催する軟式少年野球大会「2017JCOMジャビットカップチャンピオン大会」の決勝・深川ジャイアンツ戦(東京ドーム)に「3番・投手」で先発。打っては3打数2安打1四球で、投げても7回を完投したが5-6でサヨナラ負け。「悔しいです」と話す一方「これからもチームを支えられるような選手になりたい」とさらなる成長を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス