文字サイズ

江越が美技連発!先制打すかさず盗塁も

 3回、緒方の打球に飛びつく江越(撮影・棚橋慶太) 
1枚拡大

 「阪神紅白戦、白組4-3紅組」(15日、安芸)

 阪神は、紅白戦を行い外野の定位置を争う江越大賀外野手(22)が白組の4番で先制適時打を放ち盗塁を決めた。守備でも2つのダイビングキャッチも披露。一方、白組の8番に入った中谷将大外野手(22)は四回に松田から左翼ポール際へ飛び込む“安芸1号”を放つなど2安打でアピールした。

 二回無死一塁だった。森越の右中間を破ろうかという当たりに中堅・江越は迷いなく、飛び込みキャッチ。集まった2300人のファンから「うわぁ!」という歓声と拍手が送られる美技で魅せた。

 大賀ショーは続く。三回2死一、二塁のピンチ。緒方の当たりは遊撃後方を襲う。ここでも果敢に頭からダイブして見事に捕球、ピンチを脱するスーパープレーにしてみせた。

 「1個目はスタートがよく、判断も良かったと思います。2本目はギリギリだった。落ちてたら点になる場面だったので捕れて良かったです」

 表情を変えずに振り返った。感情を表す方ではない。だが、このキャンプでの変化を中村外野守備走塁コーチは感じると言う。

 「意識が変わってきた。負けたくないというのが一番伝わってくる選手になった」

 マートンが退団し、大和も今キャンプでは二塁に専念している。定位置獲得の最大のチャンスが訪れている。だからこそ、江越はつかみ獲ろうと必死になっている。

 「レギュラーを獲りたい。打撃だけじゃなく、守備、走塁、すべてでレベルを上げていきたい。気持ちは今までと違うと思います」

 打撃では初回1死一、三塁から先制の中前適時打を放ち二盗を決めたが、あとの2打席は三振に倒れた。金本監督からも指導を受ける、早くタイミングをとるという課題はまだクリアできていない。

 「すべてにおいて結果を出したい」

 定位置獲得のために、どん欲に行く。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス