文字サイズ

岩田、後半戦開幕G倒の“吉兆星”狙う

 阪神・岩田稔投手(30)が20日、甲子園での全体練習に参加し、先発する21日の巨人戦(甲子園)に向けて調整した。後半戦初戦を託されたのは、首脳陣からの信頼の表れ。前回優勝時の05年も後半戦初戦の巨人戦で勝利していただけに、左腕が「吉兆」となる白星を狙う。

 期待は感じていても、やることに変わりはない。託されたのは、伝統の一戦で幕開けとなる後半戦初戦のマウンドだ。首位・巨人とのゲーム差は「3・5」。少しでも差を詰め、後半戦に勢いを付けるべく、岩田が平常心で先陣を切る。

 「他の球団とやるのと変わりないと思ってます。一つの相手に、しっかり向かっていく。それだけです」

 力強い言葉の裏に、確かな自信がある。7月に入ってから、負けなしの3連勝中。前回、自身今季初となった13日の巨人戦(東京ドーム)では、6回4失点で7勝目を挙げた。先発にとって、結果が出ていることが自信につながっている。

 2試合連続での巨人戦となるが、過剰な意識もない。「自分自身をどうもっていくか。フォアボールでランナーをためないようにとか」。今回も13日の対戦と同じ沢村との投げ合いとなるが、自身の投球に集中するだけだ。そして、05年の「再現」となる白星発進を目指す。

 8年間遠ざかっているリーグ優勝。後半戦最初のカードが巨人戦となるのは、最後に優勝した05年(東京ドーム)以来のことだ。その時は、初戦で勝利して2勝1敗で勝ち越していた。岩田が勝てば、「吉兆」とも言える初戦の勝利となる。

 この日は、甲子園での全体練習で、他の投手らと共にキャッチボールやダッシュ、バント練習などで汗を流した。オールスターによる中断期間があっても、中7日での先発に不安はない。

 「(後半戦初戦に)投げなくても、最初からフル回転するつもりでした。いつもと同じです」と岩田。ここからが正念場。フル回転の役割を課せられても大歓迎だ。まずは後半戦初戦、巨人追撃の先手を取る。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス