文字サイズ

J1清水、敏腕社長退任ネタに反響「驚いた」「紛らわしい」

 J1清水が1日、クラブの公式ホームページで「山室晋也代表取締役社長退任および用具担当就任のお知らせ」と発表。しかし、これはエイプリルフールの“ネタ”だったとし、反響を集めている。

 清水は「本日(4月1日)の臨時取締役会におきまして、同日付けで弊社代表取締役社長 山室晋也の退任および用具担当への就任が承認されましたので、お知らせいたします」と明記。山室社長の「初めて関わることになったサッカー界だけに不慣れな点も多く、自分なりにこれまで必死に勉強して参りました。しかしながら、このままで良いのかという想いが強くなり、このたび社長を潔く退任することと致しました」などのコメントも掲載した。

 前年までプロ野球ロッテの社長を務め、親会社の支援を受けずに初の黒字化を達成。敏腕社長として注目され、1月に清水入りした。わずか3カ月での“退任発表”として一部でも報じられ、ネットがざわついた。

 ただ、クラブの公式ツイッターでは「#エイプリフール」と記され、“ネタ”であることが判明。一部報道も“修正”された。ツイッターにはフォロワーから通常の倍以上のコメント数が集まり、「びっくりした」、「騙された」などの声の他に、ホームページではネタであることが分かりにくいことから「本当のニュースリリースページにアップしたら紛らわしい」、「少しリアルで笑えない」などの声も寄せられた。

 社長自ら体を張って注目を集め、清水の広報部は「賛否はありますが、反響はいただきました」とコメント。ツイッターには山室社長が笑顔で“用具担当”として働く動画も添付したが、2日からは通常体制に戻るという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス