文字サイズ

川崎が5発大勝発進!連覇に向けて好発進 今季採用の攻撃布陣に手応え

 「ルヴァン杯、川崎5-1清水」(16日、等々力陸上競技場)

 A組では前回覇者の川崎が清水に5-1で大勝し、白星発進した。C組でJ1に復帰した横浜FCは広島に敗れた。1次リーグは16チームが4組に分かれて争い、各組上位2チームと各組3位のうち上位2チームがプレーオフに進出。プレーオフを勝ち上がった5チームにアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場の3チームを加え、準々決勝を行う。

 川崎が5発大勝で連覇に向けて好発進した。開始早々から清水に圧力をかけ続け、前半10分にFWレアンドロダミアンのゴールで先制。前半45分間だけでシュート11本、2得点と攻め倒した。

 後半に入ってからは主導権を握られて1点を返されたが、同24分にFW小林がピッチに入ると流れが一変。「まず守備のスイッチを入れてくれと言われたが、個人的にはゴールも狙った」と流れを取り戻し、そこから3得点。小林自身も2発を決めて突き放した。

 今季から採用する攻撃的な4-3-3布陣で挑んだ初公式戦。鬼木監督は「修正点はあるが、キャンプからやってきたことを前面に押し出してくれた」と手応えを口にする。鳥栖戦(22日・等々力)から始まるリーグ開幕が楽しみだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス