文字サイズ

山形J1昇格へ第一関門突破 山岸が終止符弾「第2の山の神に」5年前の再現狙う

 「J1参入プレーオフ・1回戦、大宮0-2山形」(1日、NACK5スタジアム大宮)

 2試合が行われ、J2で4位の徳島と6位の山形が8日の2回戦に進んだ。両クラブの勝者が、J1の16位との入れ替え戦に相当する14日の決定戦に臨む。徳島はJ2で5位の甲府と1-1で引き分け、大会規定で年間上位のため1回戦を突破した。山形はJ2で3位だった大宮を2-0で破った。

 2代目・山の神だ。1-0で迎えた後半37分、山形FW山岸が熱戦に終止符を打った。右サイドからのクロスをMF山田が折り返すと、走り込んだ山岸が右足でたたき込んだ。

 5年前の再現を狙う。14年もJ2で6位ながらプレーオフを制してJ1に昇格。敵地で行われた準決勝・磐田戦では、終了間際のCKからGK山岸が劇的な決勝点を挙げ“山の神”と呼ばれた。奇跡のゴールの立役者と同性の山岸は「結構まわりから言われます。あのヘディングは見ていたし、印象的だった。自分も活躍して第2の山の神になりたい」と襲名に意欲を見せた。

 5年前の昇格を知るMF山田も「自分たちにとってアウェー開催はマイナスではない。挑戦者であることに変わりはない」。クラブ史上3度目のJ1昇格に向けて突き進む。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス