文字サイズ

来季53歳・カズJ1帰還 横浜FC勝って13年ぶり決めた

 J1昇格を決め喜ぶ三浦(中央)ら横浜FCイレブン(撮影・開出牧)
2枚

 「明治安田生命J2、横浜FC2-0愛媛」(24日、ニッパツ三ツ沢球技場)

 横浜FCが愛媛に2-0で快勝し、勝ち点79で2位を守って13年ぶりのJ1復帰を決めた。元日本代表のFW三浦知良(52)は終盤にJ2最年長出場記録を更新する52歳8カ月29日でピッチに立ち、サポーターと昇格の喜びを分かち合った。MF中村俊輔(41)も先発出場で勝利に貢献した。大宮、徳島、甲府、山形は12月1日からのJ1参入プレーオフに回る。既に優勝を決めていた柏は13-1で京都に大勝した。

 “キング”がJ1に帰って来る。カズにとって、横浜FCにとっても13年ぶりとなるJ1昇格。「この瞬間をずっと信じてやってきた。ホームでたくさんのサポーターの前で最高の形で昇格することができた。その輪に加われたことを誇りに思うし、光栄です。感動した」と、あふれる思いを言葉に乗せた。

 “その時”をピッチで迎えた。2点リードの後半42分、1万2937人の割れんばかりの大歓声に迎えられ途中出場。先発出場した4月7日の福岡戦以来約7カ月ぶりの出場で、自身の持つJリーグ最年長出場記録を52歳8カ月29日に更新した。わずか3分間の出場でシュート0本に終わったが、果敢なスライディングなど前線を駆け回った。昇格を告げる笛を聞き、達成感を小さな拍手に込めた。

 プロ34年のキャリアを誇るカズだが、試合前には珍しく緊張に襲われたという。「このチャンスを絶対に逃してはいけない」という重圧。「ベンチに座っていても常に緊張している状態になったのは初めて」と、驚きも交え振り返った。それほどに重い一戦だった。

 来季について「まだそういう話をしていない」と明言は避けたが、12月10日前後に恒例の自主トレを開始することを明かし、現役続行に意欲を示した。53歳で迎えるJ1の舞台には、神戸MFイニエスタら世界的名手が待ち受ける。「楽しみです。イニエスタの股を抜きたいな」と冗談交じりで心待ちにした。

 今季わずか3試合の出場に終わった現実とも向き合う。「悔しい思いはあるし、それは当たり前。信じてもらえないかもしれないが、本当にうまくなりたい、本当にうまくなるんじゃないかという気持ちでやっている」と力を込めた。その飽くなき姿勢は、中村をして「唯一無二。手は抜けないし、この人に自分のいいプレーを見てもらいたい」とまで言わしめる。

 17年3月12日の群馬戦以降ゴールから遠ざかっており“カズダンス”の披露も待たれる。「そこを目指して努力していきたい」。伝説の王が帰還する来季のJ1が待ち切れない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      サッカー最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      スコア速報

      ランキング(サッカー)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス