文字サイズ

鹿島から経営撤退の日本製鉄、理由は「プロスポーツと企業スポーツは違う」

 株式会社メルカリ(以下、メルカリ)と日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は30日、日本製鉄およびその子会社が保有するサッカーのJ1鹿島の発行済株式72・5%のうち、61・6%を約16億円でメルカリに譲渡する、株式譲渡契約を締結したと発表した。この日行われたJリーグ理事会でも承認された。

 理事会後にメルカリ、日本製鉄、鹿島による共同会見が行われた。鹿島の前身は住友金属サッカー部で、同社が新日鉄と合併後も長らくクラブ運営に携わってきた。会見に出席した日本製鉄・津加宏執行役員は、経営権を手放す形になった経緯について「近年のJを取り巻く環境として、DAZNが入ってきて、共存から競争になってきた。これからも鹿島が勝ち続けるために経営基盤の強化、クラブ価値の向上が必要」と説明。多くの企業スポーツにも参画しているが「プロスポーツで、ビジネスとして収益を上げていくことが大事。あくまでも企業スポーツとは違ってくる」と違いを説明した。

 そして「ファン層の拡大や売り上げを上げていく中で、私たちではなく新たなパートナーを迎え入れることをわれわれもプラスとした」。また、今後も主要株主としてクラブをバックアップアップしていく姿勢も示した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

スコア速報

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス