文字サイズ

背番号「10」はどっち?香川代表復帰で中島と新旧「10」そろい踏み

代表発表会見で選手について話す日本代表・森保一監督=東京・本郷のJFAハウス(撮影・西岡正)
1枚拡大

 日本サッカー協会(JFA)は14日、3月のキリンチャレンジ杯2試合の日本代表メンバーを発表した。ロシアW杯に出場したMF香川真司(29)=ベシクタシュ=が森保ジャパン発足後初めて招集された。FIFAランキング27位の日本は22日に日産スタジアムでコロンビア(同12位)、26日にノエビアスタジアムでボリビア(60位)と対戦する。

 香川が復帰したことで「10」の行方が注目されることになりそうだ。ロシアW杯を終え、新体制発足後はMF中島翔哉(アルドハイル)が「10」を付けており、アジア杯代表を負傷で離脱した際は、追加招集のMF乾貴士(アラベス)がそのまま引き継いだ。

 ご存じの通りサムライブルーの背番号「10」は長らく香川が背負ってきた番号。森保ジャパン発足後、新旧「10」が初めてそろい踏みする今回、背番号発表も気になるところだ。

 森保監督は香川とDF昌子(トゥールーズ)の代表復帰について「私もロシアW杯にスタッフの1人として帯同して力があることは分かっている。今回一緒に仕事ができてうれしく思う。日本代表の一員として改めて頑張ってもらいたい」と期待した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス