文字サイズ

W杯へ、審判もトレーニング 日本の3人も参加

 W杯ロシア大会に向けてトレーニングする審判員たち=モスクワ(共同)
1枚拡大

 【モスクワ共同】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会に向けた審判員のトレーニングが12日、モスクワで公開され、日本の山内宏志副審がランニングなどで汗を流した。国際サッカー連盟(FIFA)の担当者によると、佐藤隆治主審と相楽亨副審は別のグループで調整した。

 20度を超す陽気の中、山内副審は他国の審判員と談笑しながら体を動かした。W杯で初導入されるビデオ・アシスタント・レフェリーに備えたメニューにも取り組んでいるそうで「現代のサッカーに適応するため、テクニカルの情報も入れている」と話した。

 山内副審と佐藤主審はW杯初選出。相楽副審は3度目となる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス