文字サイズ

サッカーC大阪が早朝練習開始 40選手、日の出前から

 早朝練習で丸橋(手前)ら選手の動きを見守るC大阪の尹晶煥監督=大阪市
1枚拡大

 3季ぶりのJ1へ向けてC大阪が始動2日目の13日、大阪市内の練習場で早朝と午前、午後の3部練習をスタートさせた。トップチームにU-23(23歳以下)を合わせた約40選手が、日の出前の午前6時50分から30分間、ランニングや器具を使って体幹を鍛えた。

 尹晶煥新監督が「若い選手が多いのでプロ意識を高めるためにやる」と説明する早朝練習。寮に住む若手のためにバスを仕立て、クラブハウスで朝、昼食を用意するなど支援態勢も整えた。

 主将でエースの柿谷は「(早朝も)大丈夫ですよ」と余裕の表情だった。早朝練習は17日まで行われ、18日からタイでキャンプを張る。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス