文字サイズ

尚弥いとこ・井上浩樹が引退表明「負けても悔しさが全然湧いてこなかった」

 ボクシングのWBA・IBF統一バンタム級王者・井上尚弥(大橋)のいとこで、前日本スーパーライト級王者の井上浩樹(28)=大橋=が17日、自身のツイッターに「本日、会長に自分の意思を伝え引退する事になりました」と投稿し、現役引退を表明した。16日の防衛戦で7回TKO負け。プロ初黒星(15勝12KO1敗)を喫していた。

 井上浩は取材に対し「負けても悔しさが全然湧いてこなかった。これじゃ辞めるしかない。試合が終わった瞬間にそう思いました」と説明。この日に大橋会長らに報告し、尚弥からは「寂しいな。でも浩樹が決めることだから」と声をかけられたという。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス