文字サイズ

井上尚弥のいとこ、浩樹 プロ初黒星で王座陥落「体に力が入らなかった」

 「ボクシング・日本スーパーライト級タイトルマッチ」(16日、後楽園ホール)

 挑戦者の永田大士(30)=三迫=が王者の井上浩樹(28)=大橋=を破って新王者となった。三迫ジムは現役日本王者が6人となり、同ジムの持つ日本最多記録を更新した。

 15連勝中だった井上浩はプロ初黒星を喫して陥落した。いとこの尚弥のアドバイスを受けながらの戦いだったが、3回に偶然のバッティングで右目上から出血後、永田の手数に押されて最後は右目負傷の悪化によりストップ。試合後は「体に力が入らなかった。バッティングで流れが変わってしまった。今後については考えたいです」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス