文字サイズ

井上尚弥の死闘 ラグビーW杯戦士たちも感動 松島「鳥肌」、中村「一番尊敬」

 「ボクシング・WBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(7日、さいたまスーパーアリーナ)

 階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のバンタム級決勝が行われ、WBA・IBF世界同級王者・井上尚弥(26)=大橋=が3-0(116-111、117-109、114-113)の判定で、WBA世界同級スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=を破り、優勝した。

 史上初の8強入りで日本中を湧かせたばかりのラグビー日本代表戦士たちも大興奮だった。WTB松島幸太朗は「生で見るのは初めて。試合の途中で鳥肌がたった。凄い。他競技の試合で初めてのめり込んだ」と舌を巻き、CTB中村亮土も「真の強さを感じた。一番尊敬するアスリート。刺激を受けました」と、興奮気味に話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス