文字サイズ

激闘のドネアにも万雷の拍手 一切の言い訳なく井上たたえる「真のチャンピオン」

10回、ノニト・ドネア(左)に右フックを放つ井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ
2枚

 「ボクシング・WBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(7日、さいたまスーパーアリーナ)

 階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のバンタム級決勝が行われ、WBA・IBF世界同級王者・井上尚弥(26)=大橋=が3-0(116-111、117-109、114-113)の判定で、WBA世界同級スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=を破り、優勝した。

 バンタム級最強を証明した井上だけでなく、モンスターの強打を浴びながらも決してあきらめなかったドネアにも万雷の拍手が送られた。

 かつて5階級を制したレジェンドもすでに36歳。ピークは過ぎたと言われ続けた。2階級上のフェザー級で戦っていたこともあり、バンタム級で再び戦うことができるのかも疑問の声もあった。

 井上の強打に一切ひるむことなく終始前に出た。2回には宝刀の左フックで井上の右目上を切り裂く。9回には右ストレートで井上の動きを止めた。

 11回に左ボディーをまともに浴びてダウンしたが、執念で立ち上がり、フルラウンドを戦い抜いた。

 試合後は井上とリングに膝をつけてお互いをたたえ合った。ダメージは深く、コメントは関係者に託した。「(井上は)この試合で真のチャンピオンであることを証明した。今まで自分が戦ってきた選手の中であれだけ耐えた選手はいなかった。率直におめでとうと言いたい」と一切の言い訳はなく勝者をたたえた。

 タオルのようなものをかぶって控室を出ると、関係者に日本語で「アリガトウ」と言い、自分の足で井上の控室に向かった。そして医療関係の車両に乗り込み、病院へ向かった。

 愛読書は宮本武蔵の「五輪書」。自分は前世は日本人とも言い切る大の親日家で、たびたび来日している。初の日本のリングで敗れてもなお、その強さと存在感を見せつけた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス