文字サイズ

井上拓真はダウン奪われプロ初黒星 兄・尚弥に勝利のバトンつなげられず

ウバーリに判定で敗れ、客席に向かって手を合わせる井上拓真
3枚

 「ボクシング・WBC世界バンタム級王座統一戦」(7日、さいたまスーパーアリーナ)

 WBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=がWBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=と階級最強を決めるトーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」決勝のセミファイナルで、WBC世界同級王座統一戦が争われた。尚弥の弟で暫定王者の井上拓真(23)=大橋=は4回にダウンを奪われ、0-3の大差判定で正規王者のノルディーヌ・ウバーリ(33)=フランス=に敗れ、プロ初黒星を喫した。

 ウバーリが16勝(12KO)、拓真が13勝(3KO)と全勝対決となった団体内統一戦。海外ブックメーカーのオッズではKO率の高いウバーリ有利と出ていた。サウスポー対策を重ねてきた拓真は正規王者の左ストレートを外す上々の立ち上がりを見せた。

 しかし3回にウバーリの左ストレートを浴びて劣勢に陥る。4回には左ストレートをたたき込まれ、後方に吹っ飛ぶようにダウンを奪われた。

 何とかピンチを脱した拓真は徐々に立て直すが、ポイントを奪うまでには至らない。8回終了時の公開採点では3、7、9点差で劣勢。勝つにはKOするしかなくなり、最終回に猛攻に出るが、決定打を打ち込むことができなかった。

 王座を統一したウバーリは「美しい日本で、美しいファンの皆さんの前で勝利できたことを大変うれしく思います。井上拓真選手が相手だったからこそ素晴らしい試合ができたと思います。私が真のチャンピオンになりました。WBCにもお礼をいいたいと思います。ありがとうございました」とリング上で語った。

 拓真は14戦目でプロ初黒星。初めての兄弟でのダブル世界戦で、兄に勝利のバトンをつなぐことができなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス