文字サイズ

井上尚弥「ドネア選手めちゃくちゃ強かった」「世代交代といえる内容ではなかった」

試合を終えドネアと健闘をたたえる井上尚弥=さいたまスーパーアリーナ
3枚

 「ボクシング・WBSS決勝、WBA・IBF世界バンタム級タイトルマッチ」(7日、さいたまスーパーアリーナ)

 階級最強決定トーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」のバンタム級決勝が行われ、WBA・IBF世界同級王者・井上尚弥(26)=大橋=が3-0(116-111、117-109、114-113)の判定で、WBA世界同級スーパー王者のノニト・ドネア(36)=フィリピン=を破り、優勝した。

 2回にドネアの左フックで右目上をカットし、流血の苦戦を強いられながらも、11回に左ボディーで勝利を決定づけた井上。バンタム級のレジェンドであるファイティング原田氏からWBSS優勝の証である「モハメド・アリ・トロフィー」を受け取った。

 リング上で「ドネア選手めちゃくちゃ強かったです。初めてのカットという経験。2ラウンドからドネア選手が2人に見えていました。また来年から精進して頑張りたい」と5階級王者をたたえた。

 世代交代を宣言してリングに上がった。「世代交代といえるような内容ではなかった。(ファンが)期待するファイト、正直できなかったと思います。今の僕の実力です」などと言うと、満員の会場からは「そんなことない」との声もあがった。

 苦しみながらもバンタム級最強を証明した。「このトーナメントが始まって約1年。優勝することができて、すごく充実した1年だなと改めて思うことができます」。キャリア19戦目で初めてカットして流血。これまでの圧勝とはまた異なるが、苦しみながらつかみ取った勝利をかみしめた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス