文字サイズ

拓真に完勝のウバーリ、尚弥戦を希望「一番強い人とやってみたい。100%をみせる」

11回、ウバーリ(右)の右フックを食らう井上拓真
2枚

 「ボクシング・WBC世界バンタム級王座統一戦」(7日、さいたまスーパーアリーナ)

 WBA・IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=がWBA世界同級スーパー王者ノニト・ドネア(36)=フィリピン=と階級最強を決めるトーナメント「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」決勝のセミファイナルで、WBC世界同級王座統一戦が争われた。尚弥の弟で暫定王者の井上拓真(23)=大橋=は4回にダウンを奪われ、0-3の大差判定で正規王者のノルディーヌ・ウバーリ(33)=フランス=に敗れ、プロ初黒星を喫した。

 王座統一を果たしたウバーリは「自分を誇りに思う。本当に嬉しい。夢が叶った感じがする」と、満面の笑み。拓真について「非常によく戦ってくれた」とした上で「気候や時差の問題で自分のリズムではなかった」と万全ではなかったことを強調した。

 次なる標的には拓真の兄尚弥を挙げ「もちろんやりたい。一番強い人とやってみたい。日本の方も自分を知ってくれたと思う。今日は60~70パーセントのノルディーヌだった。次は100パーセントのノルディーヌを見せたい」と、うなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス