文字サイズ

新日本・KENTA衝撃のBC入り!親友の柴田KO「新しい始まりだよ」

 「プロレス・新日本」(12日、日本武道館)

 今年2月にWWEを退団し、この日に終了したG1クライマックスに初参戦したノア出身のKENTAが衝撃のバレットクラブ(BC)入りを宣言した。

 KENTAは石井智宏、YOSHI-HASHIと組んでBCのタンガ・ロア、タマ・トンガ、バドラック・ファレと対戦。だが、戦いに加わらず花道で傍観し、最後にはなんと味方の石井にフィニッシュ技のgo 2 sleepを放ってBCの勝利をアシストした。

 試合後はBCの面々と石井、YOSHI-HASHIに暴行し、マイクを持つと、そこにKENTAの親友で行動をともにしていた柴田勝頼が裏切りに怒りを爆発させて突撃。急性硬膜下血腫の手術を受けて長期欠場中ながら、BCを次々蹴散らし、KENTAにも串刺しドロップキックなどで猛攻を加えた。久々のファイトに観衆が熱狂する中、KENTAと共通の得意技PKを放とうとしたが、BCの邪道が竹刀攻撃で阻止。さらにKENTAの逆襲に遭い、PKでKOされてしまった。

 KENTAはBCのポーズであるウルフサインを決めて共闘をアピール。ダウンした柴田の体の上であぐらをかく悪態までついて、大ブーイングを浴びた。

 インタビューではトンガが「世界でも屈指のアスリート、KENTAがオレたちの仲間に入ったんだ」と宣言。KENTAは「いやー、最後G1締めたねえ。めちゃくちゃ気持ちよかったなあ」と高笑いし、「柴田もうれしかったろ。あれだけ久々に声援浴びて。礼の一つでも言いに来いって。今日から新しい始まりだよ。オレから目を離すなと言ってたろ、ここ何日か。まだまだ終わんねえぞ」と不敵に言い放った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス