文字サイズ

ライガー ドラディション初参戦 藤波辰爾は感慨「新日本プロレスに感謝」

 藤波辰爾(65)が主宰するドラディションは12日、都内で4月26日の後楽園ホール大会に向けた会見を開き、獣神サンダー・ライガーが新日本所属選手として初参戦し、参院議員のアントニオ猪木が藤波と、両者が時間切れ引き分けの名勝負を演じた88年8月8日の対戦について語ると発表した。

 藤波はライガー参戦に「この上ない気持ち。新日本プロレスに対して感謝したい」と感慨深げ。自身はライガー、越中詩郎と組んで新日本で90年代初頭に結成したユニット「ドラゴンボンバーズ」を復活させ、藤原喜明、ヒロ斎藤、ブラック・タイガー組と対戦する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      ファイト最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(ファイト)

      写真

      話題の写真ランキング

      リアルタイムランキング

      注目トピックス