文字サイズ

マスターズ・前田日明が長州のラリアット未遂に苦笑、復帰は否定「ダメですね」

試合中に藤原喜明にタッチを求められた前田日明(左)
長州力のラリアットのふりに笑顔でかえす前田日明(右)。中央左は獣神サンダー・ライガー、同右は藤波辰爾
前田日明(右)と握手を交わす長州力 左は獣神サンダー・ライガー=後楽園ホール
3枚3枚

 「プロレスリング・マスターズ」(15日、後楽園ホール)

 99年に現役引退した“格闘王”前田日明がセコンドながら久々にプロレスに参戦した。藤原喜明、長井満也、冨宅飛駈組に付き、過去に“顔面蹴撃事件”の遺恨があった長州力、藤波辰爾、獣神サンダー・ライガー組を迎撃した。

 次々と入場するレジェンドに場内が盛り上がる中、前田が入場曲とともに現れると、観衆は熱烈な声援。それぞれが持ち味を出し戦いを、リングサイドで見つめた。藤原にリングに上がるよう要求され、一度は立ち上がって観衆を興奮させたが、結局戦いに加わる事はなし。最後は長州が冨宅をリキラリアットで仕留めた。

 試合後、前田はリングに上がってマイクを持ち、「本日は、こういう先輩を軸にする大会に、こんなに大勢のファンが、ソールドアウトと聞きまして、本当にご来場ありがとうございます」とあいさつ。そこに長州がリングに上がり、ロープに走ってリキラリアットを放とうとしたが、寸止め。さらには藤波も前田のマイクを奪って戦おうとしたがライガーが制止。最後は3人で握手を交わした。

 インタビューでの前田は、「面白かったですよ。流れるように試合を組み立てて。みんなよくやっていると思いますよ」と、レジェンドの戦いぶりに感心。長州がラリアットを放とうとしたことには、「どうなんですかね」と苦笑した。

 リング復帰の可能性を問われると、「オレはね、やっぱり引退試合をやったんで、ダメですね」とキッパリ否定した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス