文字サイズ

山中竜也引退セレモニー 長谷川氏の言葉借り「あの頃“も”よかったと思える人生に」

 涙ながらに引退のあいさつをする山中竜也
1枚拡大

 「ボクシング・真正ボクシングジム興行」(13日、神戸サンボーホール)

 ボクシングの前WBO世界ミニマム級王者の山中竜也(23)=真正=が13日、神戸サンボーホールで行われた所属ジムの興行で、テンカウントのゴングを聞く引退セレモニーを行った。7月の2度目の防衛戦で判定負けした後に「急性硬膜下血腫」と診断され、9月に引退を発表した。

 リングに上がった山中は、こみ上げるものを抑えられずに号泣。あいさつでは、尊敬するジムの先輩で元3階級制覇王者、長谷川穂積氏の名を挙げ「長谷川さんの言葉を借りるなら、あの頃はよかったではなく、あの頃“も”よかったと思える人生にしていきたいと思います」と誓った。

 今後は「いろんな世界を見たい」とボクシング界から離れて就職する予定。将来は指導者としてリングに戻る青写真を描いている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス