文字サイズ

王者・村田諒太、V2に向け本格始動 尚弥の衝撃KO「見てないんです」

 スパーリングを行う村田諒太
1枚拡大

 「ボクシング・WBA世界ミドル級タイトルマッチ」(20日、ラスベガス)

 王者の村田諒太(帝拳)が8日、都内で2度目の防衛戦に向けた3回のスパーリングを行った。この日は短い距離で打ち合う場面が多く「後ろに突っ立っちゃって、ジャブの差し合いに勝てなくてそうなった」と反省混じりに振り返った。

 試合まで2週間を切り、この日から減量を開始。また、試合のポスターも完成し、「いいんじゃないですか、ああいうシンプルなのは」と満足顔だった。

 前日には井上尚弥が衝撃の1回KO勝ちを収めたが、村田は「見てないんですよ」という。試合前最後の家族サービスで食事に出かけ、帰りに車を運転中、前の車のテレビに映った尚弥のガッツポーズを見たとのことで、「あっ、もう終わったんだと、他人の車をのぞいて知るというね」と苦笑していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    ファイト最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ファイト)

    写真

    話題の写真ランキング

    リアルタイムランキング

    注目トピックス