文字サイズ

【プリンシパルS】アンビシャスが優勝

人気に応えプリンシパルSを制したアンビシャス=東京競馬場(撮影・田村亮介)
1枚拡大

 「プリンシパルS」(9日、東京)

 1番人気のアンビシャスが力強く抜け出し、ダービー(31日、東京)への優先出走権(1着馬のみ)を獲得した。

 直線残り200メートル手前で鞍上が気合をつけると、グイッとひと伸びしたアンビシャス。懸命に粘り込みを図るマイネルシュバリエをあっさりかわすと、2分0秒2のタイムで快勝。1枚のダービー切符をゲットした。

 ゴールの瞬間、思わず右手でガッツポーズをしたC・ルメール騎手は「道中掛かるところもあったけど、4角ではリラックスしてくれた。最後はすごい脚を使ってくれた。ダービーは距離も延びて難しくなるけど、アンビシャスはいい馬なので、チャンスはある」と本番へ期待を膨らませた。2着に8番人気のケツァルテナンゴ、3着には18番人気のマイネルシュバリエが入った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス