文字サイズ

ケイバ熱盛ブログ「待ち遠しい新装・京都競馬場」(4月21日)

 ご無沙汰しております。たまにしか登場しないデスクHです。20日に京都競馬場での整備工事起工式の取材に行ってきました。昨年11月1日の開催を最後に休止して、現在は大幅な改修工事の最中。2025年に同競馬場開設100周年を迎える記念事業の一環として行われています。

 取材当日の工事はありませんでしたが、コースの芝は既に剝がされ、取り壊されているスタンドは、内戦で攻撃を受けた建物のよう。静けさの中で立っていると、現場の記者だった当時を、つい思い出してしまいました。ディープインパクト、ダイワスカーレット、メイショウマンボ-。スイープトウショウが勝った2005年のエリザベス女王杯は大もうけさせてもらったなあ…。まあ、損したことの方が多かったですが。スタンドの盛り上がりもすごかった。

 後藤正幸JRA理事長が「これまでに類を見ない、極めて大きな工事」と話す、総工費760億円以上をかけた一大プロジェクト。その中には私が財布から“提供”したものも少しはあるでしょう。2023年の天皇賞・春が実施される開催から再開される予定で、工事が全て終了するのは2024年3月の見込みです。

 どんな形で生まれ変わるのでしょうか。緑が多く環境に配慮したものになるようで、非常に楽しみにしています。新たなスターホースが誕生することは間違いなし。待ち遠しくて仕方がありません。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    ケイバ熱盛ブログ最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(ケイバ熱盛ブログ)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス