文字サイズ

【POG】2歳戦独断評価(20,21日) 末脚一閃!ダノンベルーガにA&★5つの高評価

 2歳新馬戦が20,21日の東京、阪神、福島競馬場で計10レース行われた。日曜東京6Rでは、19年のセレクトセールで1億7280万円(税込み)で取引された、1番人気ダノンベルーガ(牡、美浦・堀)が、中団追走から直線で鋭く伸びて2着に2馬身差をつける完勝。1000m通過1分2秒4のスローな流れを、上がり3F33秒1の末脚で差し切った。同日の阪神では4Rアストロフィライト、5Rセレシオンがともに1番人気に応え、素質の高さを感じさせた。

先週の新馬勝ち馬評価一覧

ダノンベルーガ(牡、父ハーツクライ、美浦・堀)

 日曜東京6R・芝2000m、石橋脩「調教から乗せてもらって、ある程度この馬の感覚は分かっていたので、注意するべきところは注意して競馬をしました。最後の脚はすごかったです」(レース評価A、将来性★★★★★)

アストロフィライト(牝、父ディープインパクト、栗東・中内田)

 日曜阪神4R・芝1600m、川田「まだまだ全体的に幼く、きょうは素質だけで走ってくれました。時間を掛けて成長を待てればと思います」(B、★★★★)

セレシオン(牡、父ハーツクライ、栗東・友道)

 日曜阪神5R・芝2000m、川田「道中は進んでいけず、走り自体は上にしか飛べない現状です。体が良くなれば前に飛べるようになると思いますし、成長待ちですね」(B、★★★★)

クローズユアアイズ(牝、父プリサイスエンド、栗東・昆)

 土曜阪神6R・ダート1400m、古川吉「言うことないね。これからの馬だと思うけど、能力であっさり勝ってくれた。今後が楽しみだよ」(B、★★★)

ジョンソンテソーロ(牡、父ドゥラメンテ、美浦・田中博)

 土曜東京4R・ダート1400m、戸崎圭「攻め馬では幼さがあり、少し雑な面がありそうだったけど、実戦では落ちついて走って最後ははじけてくれました」(C、★★★)

シークルーズ(牝、父モーリス、栗東・杉山晴)

 土曜東京5R・芝1600m、三浦「返し馬から乗り手に従順でした。その分、ゲートを出てからの反応、道中の折り合い、追いだしてからの反応、全てが優等生でしたね。今後もまれた時の対応がどうかですが、初戦を勝ち切ってくれたので能力は高いです」(C、★★★)

カイハオン(牡、父イスラボニータ、栗東・松下)

 土曜阪神5R・芝1400m、鮫島駿「タイプ的に控えた方が持ち味が出そうだと思ったので、今後のことも考えて最後を伸ばす競馬を。理想的なポジションで、内容も良かったと思う」(C、★★★)

ラッピングカラーズ(牝、父ディープブリランテ、美浦・高橋祥)

 日曜東京4R・芝1400m、石川「スタートが良かったのでハナへ行きましたが、攻め馬の感じではどこの位置でも競馬はできる感触でした。楽に行けたし、追ってからの反応も良かったですよ。いい馬で、上に行ってもやれると思います。現状では千二から千四のイメージですね」(C、★★★)

タイラーテソーロ(牡、父ゴールドシップ、美浦・栗田)

 土曜福島5R・芝1800m、原「ケイコでもハミを取らない面があります。きょうは相手に合わせて走れました。直線で抜け出してからソラを使っていましたが、2着馬と併せに行ったら頑張ってくれました。いい馬です」(C、★★)

オリ(牡、父パイロ、美浦・奥平)

 日曜福島6R・ダート1700m、菱田「いい意味で新馬らしからぬレースでした。前進気勢があり、物見をする事もなく古馬に乗っているような感じでした」(C、★★)

(評価は馬サブロースタッフによるS、A、B、C、Dの5段階)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス