文字サイズ

【京成杯AH】カテドラルが待望の重賞制覇!14度目挑戦ついに 戸崎圭が会心騎乗

 力強く差し切ったカテドラル(手前)
 ガッツポーズする戸崎圭
2枚

 「京成杯AH・G3」(12日、中山)

 中団の内から運んだ7番人気のカテドラルが、最後の直線で馬群を鮮やかにさばいて差し切り勝ち。14回目の挑戦で待望の重賞初制覇を決めた。逃げ粘った12番人気のコントラチェックが2着に踏ん張り、1番人気に支持されたグレナディアガーズは、追い込み届かず3着に終わった。

 ゴール寸前できっちりとらえた。馬群の中団を追走したカテドラルは、残り200メートルでスマートリアンとカラテの間を巧みに抜け出し、ラストの急坂を駆け上がるとグイッと伸びてコントラチェックを首差かわしたところがゴール。これまで重賞で2着4回と悔しい敗戦が続いていたが、5歳秋にようやく初タイトルをつかんだ。

 残り600メートルまではグレナディアカーズと同じ位置にいたが、そこから外へ運んだ1番人気馬とは対照的に、距離ロスを避けて進路を内へ。ここでの判断が勝利の大きなポイントとなった。初コンビを組んだ戸崎圭は「内枠だったので、外を回さずに内でさばこうと思っていました。本命馬を見ながら、うまく追走できましたね。直線では進路を探すのに大変でしたが、最後まで手応えは十分ありましたよ」と会心の騎乗を笑顔で振り返った。

 見届けた池添学師も「ジョッキーに上手に乗ってもらいましたね。直線は少し内にささり気味でしたが、よく届きました」と人馬のパフォーマンスをたたえた。今後の予定については「いったん放牧に出します。フレッシュな状態の方が走るタイプですからね。次は大きな舞台へと思っています」とマイルCS(11月21日・阪神)への参戦を明言した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス