文字サイズ

【POG】2歳戦独断評価 ディアドラの全弟リューベックが鮮烈デビュー

 17日(土),18日(日)は函館、福島、小倉で2歳新馬戦が計9レース行われた。日曜の函館5Rでは単勝1・4倍に支持されたリューベック(牡、父ハービンジャー、栗東・須貝)が、断然人気に応えて逃げ切った。

 圧倒的人気に支持された日英G1馬ディアドラの全弟が、デビュー戦を勝利で飾った。リューベックは五分のスタートから、二の脚を生かして自然とハナへ。道中は気負うことなく運び、直線はステッキ一発で後続に2馬身差をつけて悠々とゴールした。手綱を取った吉田隼は「外枠だったので内の出方を見ながら行こうと思っていたが、一歩目が速くて行く形に。直線で物見するくらい余裕がありました。性格が良くて、その中でポテンシャルが高い。このままいい方向に成長してくれれば」と振り返った。

 須貝師&吉田隼のコンビ、そして函館の芝1800mでのデビューVといえば、昨年のソダシと同じ。今年も楽しみな新星が現れた。(レース評価A、将来性★★★★)

先週の新馬勝ち馬評価一覧

ミッキーブンブン(牡、父ハービンジャー、美浦・菊沢)

 日曜福島5R・芝1800m、石橋脩「金曜日に乗せてもらって、しっかりしている馬だと思いました。ゲートも乗せてもらって感覚はつかめていたけど、出遅れてしまいました。でも、千八なので慌てずに、内からゆっくりポジションを上げて行けました。その分、3、4角の脚は良かったし、能力がありますね。楽でした。一番は良く乗り込まれているところですね。気になるところはありません」(B、★★★★)

スリーパーダ(牝、父ミッキーアイル、栗東・斉藤崇)

 土曜小倉6R・芝1200m、福永「やりたい競馬ができませんでした。まだ粗削りながらも能力で勝ち切ってくれました。相手は強くなった方が競馬はしやすそう。いい馬ですよ」(C、★★★★)

グーデンドラーク(牡、父ハーツクライ、栗東・池添学)

 日曜小倉5R・芝2000m、松山「いい枠でスタートも良く、楽に2番手で運べました。追ってからの反応も良かったです。大型馬でまだ緩さもあるので、これからどんどん良くなると思います」(C、★★★★)

シゲルイワイザケ(牝、父エピファネイア、栗東・渡辺)

 土曜小倉5R・芝1800m、福永「聞いていたよりもゲートは速かったです。少し控えていい形で競馬ができました。まだ頼りない面はありますが、いい馬ですし、いい形で初戦を終えることができました」(B、★★★)

ダンスウィズジョイ(牝、父シニスターミニスター、美浦・伊藤圭)

 土曜函館5R・ダート1000m、横山武「少し癖のあるタイプですが、競馬ではそういう面を見せなかったし、いい勝ち方をしてくれました。メンバーに恵まれたのは正直あると思います。距離は延びた方が良さそうです」(B、★★★)

ウインモナーク(牡、父ビッグアーサー、美浦・奥平)

 土曜福島6R・芝1200m、奥平師「きょうは素質だけで勝てましたね。まだ弱いところがあって、ここまでやりたいことができなかった。それだけにここで勝てたのは大きいですね。これからグングン良くなってくると思います」(C、★★★)

セプテンベル(牝、父ドゥラメンテ、美浦・武井)

 土曜福島5R・芝1800m、菅原明「調教の時から気持ちが前向きでした。ゲートが速いと聞いていたので、行けたら行こうと思っていました。思ったよりもスピードがありましたが、ずっと物見をしていて直線はフワフワ走っていました。でも、それだけ余力を残せて勝てました」(C、★★)

カセノダンサー(牝、父ヘニーヒューズ、栗東・中尾)

 日曜福島6R・ダート1150m、戸崎圭「いいセンスをした馬です。砂をかぶって嫌がるところはあったけど、外に出してからはいい走りでした。先頭に立ったら物見をしていました」(C、★★)

(評価は馬サブロースタッフによるS、A、B、C、Dの5段階)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス