文字サイズ

【NHKマイルC】幸&ルークズネスト、強い絆で勝利つかむ 3年ぶりG1制覇へ意欲

 「NHKマイルC・G1」(9日、東京)

 3日のかきつばた記念(ラプタス)、4日の兵庫CS(リプレーザ)と、2日連続で地方交流重賞Vを決めた幸。「いい馬に乗せてもらっているから」と謙遜するが、目下の好調ぶりは見逃せない。さらにJRA通算1500勝にリーチをかけ「言われて気づくほどなので気にしていないのですが、多くの人に支えられた数字。早く達成できれば」と力を込めた。

 先週の日曜阪神2Rで自身の騎乗馬の斜行により、北村友が落馬負傷した。馬の癖が原因であることは、騎乗停止期間が1日だったことからも分かるが、「友一のことが頭から離れない。本人がすぐに“気にしないでください。僕の分まで頑張ってください”とメールをくれたのですが…」と肩を落とす。簡単に気持ちが晴れるものではないだろう。それでも、今週末の競馬に向けて前を向く。

 3歳マイル王決定戦でコンビを組むのは、重賞で2、1着と勢いに乗るルークズネスト。デビューから全ての手綱を任され、信頼関係を築いてきた。「初めの頃はトモが弱いというか力強くなかったけど、最近はしっかりとした。うまく調整してくれて、乗りやすくなった」と良化ぶりに目を細める。

 自身にとっては18年ヴィクトリアM(ジュールポレール)以来となるG1勝利が懸かる。「今なら千四よりも千六の方が乗りやすいのでは。折り合いもつくし、東京も十分に対応できる。どんな競馬でもできますから。いい結果を出したい」。強固な絆で結びつく相棒を、3歳マイル王の座へと導く。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス