文字サイズ

【競輪】向日町F1 2日目は1レースカットで11レース制に 新型コロナ対策

 「日本名輪会カップ・中井光雄記念杯・オッズパーク杯・F1」(17日、向日町)

 競輪は17日を初日とする開催から、3月末まで新型コロナウイルス対策を強化。PCR検査での陰性を確認された選手のみが参加するため、直前の追加や補充などを行わないことにした。

 その影響が早速出たのが17日開幕の向日町F1。S級で5人、A級で3人も不足した状況からスタートし、初日は無事故で欠場者が出なかったものの、S級の2日目一般が2レースを組めなくなり、1レースをカットした。

 カットすることでS級の初日成績下位2人(藤田竜矢、柴田功一郎)が帰郷に。S級は6レース制になり、全レースで7車立てで実施される。A級は3人不足のため、5車、6車立てが1レースずつ行われる。2日目に失格など欠場者が出た場合は、さらなるレースカットもある。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス