文字サイズ

【秋華賞】マルターズディオサ、馬体戻り能力フル発揮 手塚師「いい結果出れば」

 「秋華賞・G1」(18日、京都)

 紫苑Sを快勝し、改めて能力の高さを示したマルターズディオサは14日、美浦坂路で単走。京都への輸送を控えているため馬なりだったが、軽快なフットワークで駆け上がり、4F53秒3-39秒3-12秒5を馬なりでマークした。手塚師は「前走を使ってからの本番なので、目いっぱいの調教はしていない。素軽い動きをしてくれたと思う」と合格点を与えた。

 春はチューリップ賞を快勝したが、桜花賞は重馬場に苦しみ8着。さらにオークスでは馬体重が桜花賞から6キロ減って、デビュー以来最低の434キロ。さすがにお釣りがなく10着に沈んだ。しかし、ひと夏越して馬体が回復。前走は446キロで出走し、本来の力を発揮して2番手追走から楽に抜け出した。レース後のダメージはほとんどなかったといい、トレーナーは「使った後の上積みが手に取るように分かる。プラスアルファは非常にあるのではないかと思います」と体調面に自信を見せる。

 今回の舞台は、先行有利とされる京都芝内回り2000メートル。「前走後に田辺騎手が言っていたように、先行抜け出しというイメージを騎手が持っているので、そういう競馬になるのかな。しっかり仕上げたので、いい結果が出れば」と指揮官は力が入っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス