文字サイズ

【競輪】松本貴治激走ヤングGP制覇 デイリーロゴで決めた!昨年8着の雪辱

 「ヤンググランプリ・G2」(29日、立川)

 デイリーロゴを付けた松本貴治(26)=愛媛・111期・S1=が4番手追走から直線で抜け出して優勝。賞金508万円(副賞含む)を獲得した。同じ立川で行われた02年の渡部哲男以来となる愛媛勢の制覇。2着には森田優弥、3着には松井宏佑が入った。

 ゴールの瞬間、右手を突き上げて喜びを爆発させた松本。9車全てが単騎での戦い。各車がけん制しあう中、野口が果敢に逃げてレースは動き出す。大きく離れて森田-河合が追走。松本は「直線は長いし、脚もずっと軽かったから、ためて、ためていこう」と4番手を確保して機をうかがう。徐々に差を詰めると長い直線を鋭く伸びて突き抜け、昨年8着のうっぷんを晴らした。

 今回、同時開催のF1に出場している同県の先輩で02年の覇者・渡部も「久々に興奮させてもらいました。一発レースで、不慣れな単騎戦をうまく立ち回って勝つとは。意外と器用」と絶賛。胴上げに参加して祝福した。

 今年はG1で予選を通過できないなど満足できない競走が続いた。それでも「実力はまだまだだけど、このレースを勝てて自信になりました。これからはしっかり頑張って力をつけ、四国の先輩方に信頼してもらえるような先行選手になってG1の決勝に乗りたい」と今後の決意を語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス