文字サイズ

【ボート】石丸海渡が地元まるがめG1で活躍誓う「がむしゃらに一走入魂したい」

 「G1・京極賞開設67周年記念競走」が11月1日から6日まで、香川県のボートレースまるがめで開催される。このPRのため、丸亀市モーターボート競走事業の大林諭管理者ら関係者と、レースに出場する石丸海渡(26)=香川・112期・A1=が28日、大阪市のデイリースポーツを訪れた。

 Wドリーム戦の1号艇は初日の京極ドリームが峰竜太(佐賀)、2日目のブルーナイタードリームは松井繁(大阪)と豪華なレースが堪能できる。

 伝統のレースで石丸も存在感をアピールする。「お客さんにいいレースを見て頂けるよう、レースを盛り上げていきたい」と活躍を誓うと、地元まるがめでの勝利に対する思いは特別で「気持ちで負けないように、がむしゃらに一走入魂したい」と意気込んだ。

 2、3日はよしもと芸人がオススメする「よしもと47シュフラン」が行われ、4日には結城ともこ歌謡ショーなどイベントは盛りだくさん。電投キャンペーンも充実しており大林管理者は「売り上げ目標の70億を達成したい」と意気込んでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス