文字サイズ

【ボート】毒島連覇 夜の帝王だ!SG5勝すべてナイター

 「ボートレースメモリアル・SG」(1日、大村)

 1号艇の毒島誠(35)=群馬・92期・A1=がインからしっかり逃げて圧倒、優勝賞金3900万円を獲得した。メモリアル連覇を達成、これでメモリアルの優勝は大会最多タイの3回目となった。SG優勝は5回目で、全てナイター開催でのもの。3号艇からまくり差して迫った菊地孝平が2着、3着は石野貴之だった。

 “ナイターキング”の面目躍如だ。毒島が5回目のナイターSGを制した。手にした20号機はワースト級のエンジンだったが、初日のピストン、リング、シリンダー、キャリアボデー交換が功を奏して、優勝するまで底上げした。さらに、予選1位の峰竜太が準優でまさかのFで、巡ってきたファイナル1号艇。チャンスを逃すことはなかった。「安心しました」とホッとした表情を浮かべた。

 一歩一歩積み上げていった優勝だったが、ファイナルはヒヤヒヤだった。1Mではまくり差した菊地が鋭く迫っていたが、振り切って逃げ態勢を築いた。「Sは勘通りに行けた。足は良かったが、回転が合っていなくて、準優の方がターン回りは良かった。1Mは失敗した。差されていたのですが、本体が直っていたので。先に回った勝ちですね」。インの利と機力が生きた形になった。

 これで賞金ランクも前日の13位から2位にジャンプアップ。年末のグランプリ(12月17~22日・住之江)は完全に視野に入った。今年のグランプリは初のナイター開催が決まっている。「(タイトルは)ナイターだけでいいです。(グランプリは)しっかり楽しみにしていきたい」。今から年末の“夜の頂上決戦”が待ち遠しい。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス