文字サイズ

競馬評論家の原良馬氏が死去

 デイリースポーツのOBで、競馬評論家として長く活躍してきた原良馬氏(はら・りょうま、本名・荻原昻=おぎはら・たかし)が24日午前7時46分、病気のため死去した。85歳。群馬県出身。

 週刊誌記者から1970年にデイリースポーツへ入社。競馬記者として活躍し、当時はまだ行われていなかった厩舎取材を率先して行い、サークル内外に多くの人脈を作った。物腰柔らかに親しみのある口調からテレビ、ラジオへの出演依頼も多かった。「ウイニング競馬」(テレビ東京、BSジャパン)、「中央競馬実況中継」(ラジオNIKKEI第一)では、長い間レギュラー解説を担当した。

 晩年にはG1が行われる日曜に、全国のWINSを巡るトークイベント「良馬がゆく」をライフワークのようにして、時には病と闘いながら全国各地の競馬ファンとの交流を楽しみ、競馬の発展に一役買っていた。

 2018年度JRA賞馬事文化賞の功労賞を受賞。今年1月28日の表彰式に参列したのが、公の場に姿を見せた最後となった。元俳優で俳優座の6期生(同期には作家のジェームス三木、大山のぶ代、市原悦子)。NHK連続ドラマ「バス通り裏」(1958年4月~63年3月)に出演した経験も持つ。

 通夜は29日午後6時、葬儀・告別式は30日午前10時から、いずれも浦安市斎場(千葉県浦安市千鳥15の3)で行われる。喪主は弟の荻原廸彦(みちひこ)氏。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス