文字サイズ

禁止薬物でJRA156頭除外 「詳しい原因については調査中」

経緯説明する吉原獣医委員(左から2人目)と伊藤裁決委員(同3人目)=阪神競馬場(撮影・石湯恒介)
3枚

 競走馬に与えたサプリメントに禁止薬物が含まれていたことが判明し、156頭が競走除外となった問題で、JRAは15日昼、開催中の東京、阪神、函館の各競馬場で会見を開いた。

 14日の午後4時頃、複数の調教師から、厩舎に納入された「グリーンカル」に禁止薬物が出たため、納入業者から回収依頼があったと、公正室宛に問い合わせがあった。その後、同社から競走馬理化学研究所に依頼して検査した結果、禁止薬物「テオブロミン」の検出が判明。公正な競走を確保するために競走除外、出走取消処分とした。

 阪神競馬場で対応した伊藤忍裁決委員は「検査済みでないものが出回っていたのが第一。詳しい原因については調査中としか言えない。検査済みのものしか販売しないという態勢は取っていたが、より厳戒に注意する態勢を取っていく」と説明。該当全156頭の検査は行わないが、「来週使う予定のある馬は検査する」とした。

 来週の宝塚記念(23日・阪神)を予定している馬も、「検査をして陰性なら現時点では問題ない」と、出走を認める方針を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス