文字サイズ

【日本ダービー】ダノンキングリー ステッキ連発1馬身先着 ハードトレで巻き返しへ

 ハードトレを敢行したダノンキングリー
1枚拡大

 「日本ダービー・G1」(26日、東京)

 大一番へ向けてハードトレを敢行した。皐月賞3着からの巻き返しに燃えるダノンキングリーは15日、美浦Wで6F80秒1-38秒4-12秒7をマーク。シェーナ(4歳1000万下)を1秒8追走する形でスタートし、直線に入ると何発もステッキを受けながら、1馬身先着を決めた。

 攻めの姿勢を見せる萩原師は「帰厩後も順調に来て、追い切りの動きも良かった」と好感触。前走の皐月賞を振り返りながら「直線でいい脚を使って伸びてくれた。この馬の良さはスピードがあるところだと思います」と楽しみにする。

 馬主の(株)ダノックスはダービー未勝利。指揮官は「獲ってもらいたい気持ちはあります」とオーナーの悲願を達成し、これまでの恩に報いるつもりだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス