文字サイズ

【スプリングS】クリノガウディー&藤岡佑 不安も強敵も“ぶっ飛バースデ~”

 2週連続で藤岡佑が騎乗。栗東坂路で躍動したクリノガウディー(撮影・石湯恒介)
1枚拡大

 「スプリングS・G2」(17日、中山)

 朝日杯FS2着のクリノガウディーが13日、栗東坂路で最終リハ。2週連続で藤岡佑が手綱を取る熱の入れよう。レース当日は人馬そろってのバースデー。重賞初Vで本番へ弾みをつけたい。

 先を急ぐ様子は見られない。力みを排除した登坂をこなし、クリノガウディーが戦う準備を整えた。栗東坂路での最終リハ。馬場の中央をゆったりとしたピッチで駆け上がり、4F53秒9-39秒3-12秒4を計時。しっかり折り合って、滑らかなフットワークを繰り出した。

 2週連続で騎乗した藤岡佑は「先週(6日・同坂路=4F50秒8-36秒9-12秒2)やっているので上がり重点で。落ち着いていたし、順調に来ています」と好感触をアピール。続けて「ストライドからいって、好位外めから早めに動いて行く形がいいでしょう。前向き過ぎるところがあるので、前に壁をつくって」とレースプランを描く。

 坂路の下り坂で脚を滑らせるアクシデントに見舞われたのは、朝日杯FSで2着した後の昨年暮れ。右前の筋肉痛などで、予定していたシンザン記念を回避する形になったが、放牧休養を経て不安は解消。帰厩後はさすがの動きを示している。

 送り出す藤沢則師も「テンから折り合いがついて、いい感じでした」と満足そう。「東京での2走目(東スポ杯2歳S=7着)は、イレ込んで力みが見られましたが、それでもラスト100メートルまで頑張ってくれていましたからね。輸送を経験したことは大きいと思いますし、息もできているので」と意欲を隠さない。

 レース当日の17日、33回目のバースデーを迎える藤岡佑だが、相棒も16年3月17日に生を受けた。縁で結び付く人馬が、皐月賞への道を切り開く。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス