文字サイズ

【スプリングS】ロジャーバローズ切れのある動き 辻野助手「重賞でも」

 栗東坂路で追い切るロジャーバローズ(手前)=撮影・石湯恒介
1枚拡大

 「スプリングS・G2」(17日、中山)

 2カ月半ぶりとなるロジャーバローズは13日、栗東坂路で追われて切れのある動きを披露。併せたエルプシャフト(6歳1000万下)と併入した。

 「前回の後、挫石に。症状は軽かったのですが、時間をかけてケアしてきました。トモの動きが以前よりも良くなっていますし、反応もいいので重賞でも、という気持ちでいます」と辻野助手は重賞獲りへ色気を見せた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス