文字サイズ

【中山記念】ステルヴィオ抜群の切れ 丸山「反応良かった」

 初コンビの丸山を背に、好仕上がりを見せたステルヴィオ(中央)=撮影・園田高夫
1枚拡大

 「中山記念・G2」(24日、中山)

 昨秋のマイルCSの覇者ステルヴィオは20日、美浦Wで併せ馬。新コンビの丸山を背に、4Fでランガディア(5歳オープン)を2馬身追走。楽な感じで直線へ向くと、最後は切れのある末脚で併入に持ち込み、4F53秒7-38秒4-12秒6のタイムを記録した。

 先週の小倉大賞典を制し、意気上がる丸山は「操縦性が高く、反応も良かった。思っていた通りのいい馬ですね」とパートナーを高く評価した。伸び盛りの4歳馬。G1制覇から3カ月ぶりの実戦だが、木村師は「体は大きくなっているし、力強さが出ているね」と成長ぶりを伝える。

 今回はスプリングSを制している中山芝1800メートル戦。「問題ないと思っています」と師はキッパリ。G1馬として迎える今季初戦。強敵相手に成長した姿を誇示する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス