文字サイズ

【競輪】千葉の500バンクで最後の練習

 バンク(走路)の建て替えで開催休止中の千葉競輪で13日、これまで使用した500メートルバンクで最後の練習が行われた。

 この日は午前中に、日本競輪選手会千葉支部の16人が集まり、バイク誘導の周回練習などで汗を流した。練習後に支部長の中村浩士は「選手を目指した高校時代から20年以上汗を流しているので思い出はいっぱいある。千葉競輪廃止の話が出たけど、諦めず頑張ってきてよかった。新しいバンクをファンで満員にできるよう頑張りたい」と感慨にふけった。

 500メートルバンクは15日から取り壊し工事を開始。新設中の屋内木製250メートルバンクでは、東京五輪・パラリンピック終了後の2020年秋から開催再開を目指す。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス