文字サイズ

アエロリット「いい負荷」 米遠征へ国内最終追い

 美浦W単走で追い切ったアエロリット
1枚拡大

 ペガサスワールドカップターフ招待・米G1(26日・ガルフストリームパーク、芝約1900メートル)に遠征するアエロリットが10日、美浦Wで国内最終追い切りを行った。

 無理なく折り合いをつけると、しまいに肩ムチ一発でフィニッシュ。5F67秒5-39秒3-13秒5の時計に、騎乗した菊沢師は「息をつくるイメージで、いい負荷をかけられた。たくましくなっている。あとは無事に」と話した。15日に出国する予定。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス